給付金の受給条件

Pocket

探すB型肝炎ウイルスに感染してしまった方の中で、給付金の対象者となるにはいくつかの条件を全て満たしている必要があります。その条件とは、B型肝炎ウイルスに持続感染している方、満7歳になるまでに集団予防接種を受けた方、昭和23年の7月1日から63年の1月27日の間に集団予防接種を受けた方、そして集団予防接種以外での感染原因が無い方という4つです。特に気を付けたいのが3つ目の条件で、時期が指定されていますからきちんとその時期に集団予防接種を受けたのかどうかを証明できるようにしておかなくてはいけません。請求をした後で裁判所において証拠に基づいた確認がされますので、曖昧なままでは給付金を受け取るのは難しいです。

インターネットまた給付金の対象となる方は、この条件を満たしていてB型肝炎ウイルスに感染した方から母子感染した方も含まれます。ただ、母子感染した場合も親がこの条件を満たしていなければ給付金を受け取る事はできませんので、事前に確認をしておくようにした方が良いでしょう。細かい条件などを知りたい場合は、インターネットでB型肝炎の給付金に関する解説を行っているサイトが多くありますから、こちらを閲覧して条件について細かく確認しておくようにすると重宝します。

B型肝炎ウイルスに感染した方の全員が給付金を受け取る事は難しく、きちんと指定された条件を満たしているかどうかが重要になってきます。4つの条件はとても厳しく設定されていますから、細かな部分まで確認しておかないと請求しても給付金を受け取る事は難しいでしょう。インターネットなどを使い、どういった条件があるのかを細かく確認する事はとても重要です。